中学時代は普通の男の子、蛹が蝶に生まれ変わるように彼も素敵な男性に成長していました。

中学時代を一緒に過ごした仲間との同窓会が都内のお洒落なホテルを会場に開かれました。じゃれ合ったり喧嘩をしたり、恋心を抱いたこともあった男の子と同窓会で再会しました。

私と同じくらいの身長だった彼は私が見上げるくらいの背丈、素敵な大人の男性になっていました。濃いベージュのレザージャケットに淡いブルーのシャツを着て濃いめのブルーのパンツ、スタイリッシュな靴を履いています。

素敵な同窓会 服装でした。

一歩間違えばセンスの悪いおじさんファッションか考え違いの浮いた若者です。そんな「難しいファッションを見事に着こなす彼は誰?」とみんなの注目を集めた彼は、中学時代は普通のちょっとヤンチャな彼だったのです。

素敵な男性に成長した彼が私にはとても眩しく見えて上手く話すこともできませんでした。

そんな私に彼が「綺麗になったね・・。引っ越しか何かした?電話を何度か掛けたけど繋がらなかったから」と小さな声でいいました。私は自分の耳を疑いましたが「ウン」と頷き彼の目を見詰めました。